前後のケア

エクササイズをしない日でも、マッサージだけは毎日続けましょう。エクササイズの前後に準備運動として、寝る前にリラクゼーションとして、こまめに刺激を与えることで少しの運動にも体が反応してくれるようになりますよ。

運動前のケアは、主に準備運動です。手・足首をよく回し、屈伸をし、体に「これから運動をするよ」と知らせてあげることが大切です。脚痩せの場合はアキレス腱や足裏の筋などもよく伸ばしておきましょう。最後に軽くジャンプをして全身を脱力し、体が温まったらエクササイズを始めましょう。このとき、血液やリンパがよく流れるようにマッサージをしておくと効果が上がりやすくなります。

運動後のケアは、クールダウンを中心に行いましょう。乳酸を早く除去するためにマッサージをする方もいますが、これは運動の強さや量によっては逆効果になりますので、専門的な知識がある方と行ってください。ここでは誰でも行えるクールダウンをご説明します。

思いつくのが「冷却」ですね。濡れたタオルや氷のうで幹部を冷やす方法です。幹部が熱をもっている場合は非常に有効ですが、脚痩せのエクササイズではそこまで過度な運動量があるわけではないので、様子を見て冷却ジェルやスプレーを吹きつけ、翌日筋肉痛にならないようにしておきましょう。

翌日筋肉痛になるということは、効果があったという証拠ですが、同時に筋肉が耐えうる運動量以上の運動をしたということでもあります。動かすと痛いけれど、動かせないほど痛いわけではない、という状態が、あなたの今の筋肉の活動適量です。筋肉痛が強いときは、その日は運動を休むようにしましょう。