ストレスは大敵

どんなことにも言えることですが、『からだに負荷を与えるものはすべてストレス』だということを忘れないでください。ストレスといえばマイナスのイメージが強いのですが、実は『楽しいこともストレス』なのです。明日、楽しみにしているイベントがあるなんてとき、前の日は眠れないことがありますよね。

こういった、興奮したり期待したりすることも実はストレスなのですが、体に良い効果をもたらすことが多いので、ストレスと呼ばないことがほとんどです。プラスに働くと体に良い結果を、マイナスに働くと体に悪い結果をもたらすものの正体が『ストレス』です。マイナスのストレスは大敵です。

脚痩せをしているとき、エクササイズをはじめとして『○○しなくちゃ』とか『○○してはダメ』という制約をつけてしまうことはありませんか?もちろんしなくてはいけないことですが、『ダメねば星人(○○はダメとか○○せねばという考え方)』になってしまうととっても辛くなるばかりでなく、長続きできなくなってしまいます。

この考え方も必要なことなのでイケナイとは言いませんが、ちょっとだけ矛先を変えて考えたり、言うようにしてみませんか。例えば、「今日は食べたいものを食べたから明日はその分動かなくちゃ」とか、「明日は運動を休んで、今までのご褒美にエステでマッサージしてもらうから今日はいつもより多めにエクササイズをしよう」といった具合です。

この方法だと、マイナスとプラスのストレスがあるのですが、プラス要因のほうが少しでも勝っていれば自分自身があまりストレスを感じずに済むので、気分がかなり違ってきますよ。