ヨガで痩せる

ヨガで脚痩せを目指しましょう。脚に効果があるヨガのポーズというのはいくつもありますが、その中から今回は2つご紹介します。ヨガをする場合は『腹式呼吸』で行います。

腹式呼吸ができているかわからないという方は、仰向けに寝ておなかに手を当てて呼吸をし、胸ではなくおなかが膨らんだりへこんだりする感じをつかんでくださいね。それから、必ずヨガマットや敷き布団、バスタオルなどクッション性のある敷物の上で行い、硬い床の上では行わないでください。逆に体を痛めてしまいます。

ひとつめは、逆転のポーズです。両手は体のわきに添えて仰向けになってください。両手でお尻、または腰を支えながら足を持ち上げます。ひざは曲げたままで結構です。膝が顎のあたり、足の甲が目線上まで来た状態(この状態をキープするとスキのポーズになります)から、できる限りひざを伸ばし、足の指を床につけます。このとき、足の指がすべて床につくと、ふくらはぎと足首の筋がかなり伸びます。これを5呼吸の間キープし、逆の順番でゆっくりともとの仰向けの状態に戻ります。

ふたつめは、英雄のポーズです。脚を肩幅程度に開いて立ちます。視線は正面に固定します。左足を後ろに引き、両手は胸の前で合わせます(合掌)。この状態で1呼吸します。右ひざを曲げて体重をかけ、左の足裏の筋全体が伸びるように腰を落とします。

両足で踏ん張ってくださいね。両手は天井に向かって「前へならえ」のように伸ばし、胸を張ります。このとき、上体が前に傾かないよう注意してください。これを5呼吸キープし、逆の順番で立った状態へ戻ります。左右を入れ替え、同じ手順を繰り返してください。

これを、朝起きた時と夜寝る前に行うと効果的です。