コーディネート

実際に服を選んでコーディネートしてみましょう。脚が気になるあなたに、脚を見せるファッションをおすすめしたら『わかってない!』と思われるかもしれませんが、脚を見せるといっても、脚全体があらわになるような丈の短いものでなくてもいいのです。ふくらはぎの下半分、足首までの十数センチだけでも脚を見せると違うものです。

ふくらはぎが気になるあなたには、足首から上十センチ程度までを露出してみましょう。スカートでもパンツでもかまいません。夏場なら、カプリパンツやサブリナパンツ、プリンセス丈のAラインスカートなどがいいでしょう。その場合、トップはキャミソール、腰下くらいの丈がある長袖のカーディガンなどを組み合わせ、なるべく肌を見せないスタイルにします。

太ももが気になるあなたは、ボトムはタイトなシルエットを演出してみます。レースなど模様が入った七分丈くらいのレギンスに、丈が長めのチュニックを合わせます。チュニックもドレープがあったりAラインのタイプを選ぶと、裾の広がりに対して足の幅が細く見えるのでおすすめです。

ボトムにボリュームを持たせる場合は、トップをタイトなシルエットのインナー、アウターの丈が太もも~ひざくらいまでの長いものを組み合わせます。ブーツカットのジーンズにチビTシャツを着て、ひざ丈くらいまであるキャミソールワンピースを組み合わせ、ボレロのような丈の短い上着を羽織る、というようなスタイルです。

お店ではちょっと、という方も、自宅のドレッサーの前でなら恥ずかしくはないはずですよ。