太もも

それでは、実際に体を動かしてみましょう。まずは太ももについてです。太ももには、表側には大腿四頭筋、裏側には大腿二頭筋という二つの大きな筋肉があります。大腿四頭筋は主に足を伸ばす時に使う筋肉、大腿二頭筋は足を曲げるときに使う筋肉だと覚えておくとよいと思います。

今回は、「椅子に座ったまま」「立って」の2つをご紹介します。お金を払ってジム通いをしなくても、自宅で『○○しながら』できて、効果があったら一石二鳥、いや三鳥くらいありますよね。

椅子に座って行うエクササイズは、大腿四頭筋が鍛えられます。用意するものはA4サイズ程度の厚手の本1冊と椅子です。雑誌や週刊誌などしかない場合は、何冊か束ねて使用してくださいね。

椅子に浅めに腰かけ(背もたれがある場合は寄りかからない)、腿の間に本を挟みます。そして本が落ちないようにキープします。これが楽にできるようになったら、その状態から、片足をまっすぐ上にあげて膝を伸ばし、足が床と水平になるように10秒キープします。ゆっくりおろして反対の足も行います。前腿が結構痛くなりますよ。

次に立ったまま行うエクササイズは、大腿二頭筋が鍛えられます。手すりがある場所で行うとより安定して行えますよ。まず、膝を付けた状態で起立します。ここから、足を後ろに曲げ、かかとがおしりにくっつくよう近づけます。膝は離したり曲げないでくださいね。ふらつく場合は壁や手すりにつかまってください。こちらも左右行います。ひざ裏の上部が痛くなると思います。

最後に、ももにクッションを挟み、背筋は伸ばしたままでゆっくり屈伸しましょう。かなりきついですが、足全体を引き締める効果があります。

これらを繰り返すことで太ももの筋肉が柔らかくなり、消費熱量が増えるので脚の部分痩せが可能になります。