上半身と下半身

体を上下に分けた場合、下半身のほうが痩せにくいといわれています。これは、重力の影響と体重の影響を受けるからだといわれます。重力は誰にも同じく影響しますが、それ以外に影響するのが自分の体重です。脂肪は重力のため下へ下へと引っ張られますので、上半身に脂肪があれば、だんだんと下へ移動してきます。脚痩せを行うときは、脚だけでなく体全体のダイエットも考慮しましょう。

成人女性の場合、約8割の人にセルライトがあるといわれています。ダイエットや痩身をする際は、必ずと言っていいほど出てくる言葉ですね。セルライトは一度できると、自然には消えません。そのため、マッサージなどでケアしてあげないと無くならないのです。

このセルライト、ストレスで自律神経が乱れるとできるという説があります。ストレス社会の現代では、男女や年齢を問わずセルライトができる原因を持っています。特に脚はセルライトができやすく、またなかなか消えないので、根気強くマッサージしていくことが必要です。

上半身痩せと大きく違うのは、下半身痩せは「逆立ち・重力に逆らうこと」がキーになります。本来上にあるべきものが、重力で下に下がってきた場合はマッサージで本来の位置に戻してあげることで痩身と代謝アップにつなげることができます。上半身は動かすこと、下半身は血流を良くすることが基本になります。

脚痩せの場合は、まずふくらはぎにあるポンプ機能を上げることが脚痩せの近道です。リンパなどの流れが良くなったら老廃物を乗せて一気に流してしまいましょう!